水回りにもってこい

あったらいいな、と思っていたもので意外となかった浴室で使える置き型手すり。
置き型手すりについては代表的な「たちあっぷ」をはじめ、
「ルーツ」や「どこでも手すり」など、各社で様々な商品を開発し、利用する方もとても多いです。

たちあっぷ

どこでも手すり

徹底比較、たちあっぷVSルーツ。

寝室、リビング、廊下、玄関の上がり框、さらに屋外と
用途に合わせて様々な商品が開発され、展開されています。

でも、なかったのが浴室。
浴室内で住宅改修をすることができない場合、
方法としては

1.浴槽の縁にかませるグリップ手すりを使う
2.吸盤式の簡易手すり(保険外)を使う
3.シャワーチェアのひじ掛けにつかまる

といった選択肢になっていたのではないでしょうか。

浴槽手すりの場合は介護保険適応で特定福祉用具として購入費用の7~9割が払い戻しされるので、
比較的コストをかけずに購入することができます。
ただ、浴槽の形状が湾曲している場合や、
グリップ手すりを設置することでまたぐための幅が狭くなってしまう場合など、
使えないケースも多々あります。

吸盤式の手すりについては、介護保険の適用外ですので自費での購入になります。
ただ、安全性については浴室という環境の中で利用する人の体重を支える手すりとしては
やはり不安はあります。
あくまで補助的な手すりとしての位置づけであればいいと思いますが、
それに頼るとなると安全面での不安はぬぐえません。

シャワーチェアのひじ掛けに頼るという方法もありますが、
全体重を支えるものとしては安定にかけますし、ひじ掛けの片側に重心が乗ってしまうと、
シャワーチェア自体が横転するリスクもあります。

ということで、浴室の手すり問題は意外と根深かったりします。
浴室の構造上壁に手すりが設置できない場合、
住宅改修の介護保険の限度額(20万円分)を使い切ってしまっている場合、
賃貸住宅の場合は住宅の所有者の許可が得られない場合。
こういった場合に効果的なのが、今回掲載した「水回りにもってこい」です。

浴室などの水回りで使えるように完全防水加工。
そして滑らない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふくよく 床置き式手すり 水回りにもってこい FKB-12-60-L
価格:117300円(税込、送料無料) (2018/8/30時点)

手すりで直角を作っているバージョンもあります。

一番心配なのが浴室の中で滑らないかという点かと思いますが、特製のゴムマットになっていて滑らない加工になっています。
底面だけでなく、ベース面も同じゴム加工になっていますので、すべらないため安心です。

お風呂の手すりに悩んでいた方は是非一度この商品を試してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 4 =