サイドウォーカー

本日、介護実務者としての唯一の国家資格である介護福祉士の実技試験が行われたのですが、
実技試験にこの福祉用具が登場したので紹介します。

サイドウォーカーと呼ばれる歩行器のひとつです。
その名の通り、体の横につけて使用する杖と歩行器の中間のような存在です。
むしろ、使用方法からすると、歩行器というよりも4点杖に近い印象です。

片麻痺の方が、体を支えながら歩行するのに使用します。
片手で操作するものなので、歩行器よりも軽量です。
折り畳みができてコンパクトにもなります。
なかなか目にする機会の少ない福祉用具ですが、
今回の介護福祉士の国家試験を受験した方にとっては非常に大きなインパクトを残す福祉用具でしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です