コンパクトサイドケイン

歩行器よりもコンパクト、四点杖よりも安定感がある。

固定式歩行器(ピックアップ歩行器)は安定感があるけれど、室内で使うのには大きすぎて、方向転換や反転するときなど、取り回しがしにくいので使えない。

四点杖は場所を取らないし軽いけれど、力をかけるのには頼りないし、ぐらつくのが心配。

固定式歩行器と四点杖の真ん中。ないのかなと悩んでいる方にはこれ

コンパクトサイドケインという商品です。

杖のように体の横に置いて使うものです。

いわゆるサイドケイン・サイドウォーカーというタイプですね。

介護福祉士の国家試験の実技問題に突然このサイドウォーカーが登場し、受験者が大混乱したという伝説の福祉用具。

それをコンパクトにしたのがコンパクトサイドケインです。

持ち手となるバーが段違いになっているので、そこに両手で力を入れて立ち上がりもしやすいです。

歩行器っぽいのですが、これは介護保険の福祉用具貸与のカテゴリの中では歩行補助杖の中に分類されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − four =