ウイルスプロテクター自主回収

首から下げるタイプの除菌剤「ウイルスプロテクター」で化学火傷の被害報告が相次いています。

首からさげる「ウイルス除去剤」でやけど 幼児が重傷

 塩素成分でウイルスを除去するとうたった携帯型の「ウイルスプロテクター」でやけどの被害事例が相次いでいるとして、消費者庁は18日、「この製品の使用を直ちに中止してほしい」と呼びかけた。

問題の製品は中国で製造されたもので、「ダイトクコーポレーション」(石川県)が1月25日に販売。漂白剤などに含まれる次亜塩素酸ナトリウムを含む錠剤の入ったパックを首からさげて使うことで、ウイルスを除去できるとしている。

ところが、今月2日に千葉県で幼児が重傷の化学やけどを負い、ほかにも少なくとも各地で5件、軽傷の被害事例が報告された。錠剤に汗などの水分を含ませると強酸性になり、服の上からでも皮膚に強い刺激を与える恐れがあるという。

国内で70万個流通しており、厚生労働省が近く、同社に自主回収を指導する予定。消費者庁は「皮膚が赤くなったらまず洗い流し、早めに皮膚科に受診してほしい」と呼びかけている。

近く自主回収を指導する見通しになっています。

この商品に限らず、類似商品も多く発売されています
個人的にはウイルスブロッカーを使用した際に、塩素のような刺激感を感じる部分がありましたので、このブログにもそのように書かせていただいています
使用している方は、異常を感じたらいったん使用を中止してください。

また、こういったタイプの携帯するウイルス除去剤を使用する場合は、よく情報を確認してから購入することをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + twelve =