プルトップオープナー

手にまひなどが残っている人にとっては、
何気なく私たちが行っているような動作にも、思うように力が入らず、十分にできないことがあります。

そのひとつとして、缶を開けるという動作があります。
一般的に缶ジュースや缶コーヒー、缶詰などには、プルトップ缶が使用されることが多くなっています。
しかし、細い隙間に爪を入れて、それを引っ張り上げるという動作は
非常に繊細でなおかつ力のいる動作です。

そこで、自助具を使って、その動作を補うことができます。

このプルトップ缶オープナーは、細い隙間にも先端を入れやすく、
スポンジのグリップになっているため力が入れやすくなっています。
リウマチなどで力を入れにくい方にも、とても便利な商品です。

障害などに関わらず、
たとえば爪を長くのばしていてその爪を傷つけたくない方もそうですし、
こう寒い日が続くと手の感覚もしびれてきてプルトップが開けにくいという場合もあります。
手袋なんかしているときもそうですよね。

障害を持っているために不便を感じている人が便利に感じる自助具は、
私たちの日常生活にも便利に活用することのできる可能性を持っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 4 =