階段昇降機ステップリフト

日本の住宅というのは、もともと土地が狭く、階段の段差も急で幅もあまりありません。

そういった住宅事情を抱えながらも2階・3階での生活を送られている高齢者もたくさんいらっしゃいます。

そこで、ホームエレベーターや階段昇降機といった大規模な装置を利用する方も増えています。

金額的にもかなり大きなものですが、介護保険での住宅改修の対象には入っていないので、基本的には全額自費負担となります。

ただ、東京都内など、住宅事情がさらに深刻な自治体では独自に助成制度を設けているところもありますので、
ケアマネジャーや地域包括支援センターなどに相談してみるのもいいかもしれません。

階段昇降機には、直線型・曲線型があり、完全オーダーメイド。

見積もり額も階段の形状や長さによって大きく変わります。

階段昇降機の中でも、有名なのがこのステップリフト。

外観もすっきり洗練されており、どんな住宅にもフィットしそうですね。

ソーラスやソフィアといった名称でグレードが分かれており、カスタマイズ性も非常に高いので、車の購入に近い感覚ですね。

やはり設置には直線型でも60万以上はかかるというのが相場です。

設置の際にはよく検討してみて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + twenty =