バススツール・入浴踏み台

再び入浴補助用品の紹介です。
こちらは「入浴踏み台」「バススツール」と呼ばれるものです。

この使い方はいろいろありますが、
まず、浴室内のいすとして使うことは当然出来ます。
次に、浴槽内に入るとき、お風呂の構造上
「またぐ」という動作が必要になります。

住宅改修などで、またぎ動作の必要性を小さくすることは出来ますが、
一般的に浴槽のふちをまたがなければ浴槽には入れません。
そこで、このバススツール。
踏み台にして簡単にまたぐことができるわけです。

また、底面に吸盤がついているため、
浴槽内でバススツールの上に座って半身浴にすることもできます。

使い道はいろいろ。便利な入浴踏み台です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =