非常用発電池エイターナス

災害時に電気が必要な場合、どうしますか?

例えば、吸引機や吸入器などの医療機器が使えない状況になる可能性もあります。バッテリー式のものもありますが、バッテリーにも限界があります。

災害時や緊急時、電気が使えないときの医療機器の使用をどうするかは大きな課題です。

そこで、すぐに使える災害・非常用発電地として、エイターナスを紹介します。

この特徴は発電機ではなく発電地であるということです。

燃料が必要ありません。

保存袋から取り出し、空気に触れるだけで電気を発生し始めます。

吸引機のような電力を必要とする医療機器でも十分動作します。

さらに、スマートフォンやノートパソコンなどの充電にも使えますし、テレビも付きます。災害情報の入手などに必要な電気製品を使用することができます。

また、保存袋に収納すればまた繰り返し使用できるというのが大きな利点です。

災害対策として、警察や官公庁、医療機関にも導入されています。

空気で発電する非常用発電地エイターナス。電気を必要とする医療機器を使う方は検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 13 =