HITOCOCO

認知症徘徊感知器です。
このHITOCOCOという商品の特徴は親機と子機とをつなぐのはGPSではないということです。
直接の電波でつながるため、建物内や地下などでは電波を拾わないというGPSのデメリットを解消することができます。
なおかつ、1000mを超える範囲での見守り・捜索が可能です。
子機が親機を離れると音と振動で親機が警告をします。
親機には子機のある距離と方向といったピンポイントの位置情報が知らされるので、
高層ビルにいてもどの階のどこにいるかまでわかります。

ちなみに、子機の充電は約一か月つけっぱなしで大丈夫。
本当に欲しかった徘徊感知器がこのHITOCOCOですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 + 7 =