肘掛け付シャワーチェア

続いて、肘掛けについて説明します。

シャワーチェアの肘掛けは、主に座った状態から立ち上がったり、立っている状態から座るのに使います。
肘掛けが必ず必要かと言うと、そうでない場合があります。

たとえば、自宅浴室内の住宅改修などを行い、立ち上がりのしやすい位置に手すりが付いていれば、
それを使って立ち座りの動作を行いますので、肘掛けが必要でなくなる場合があります。
逆に、肘掛けのあるものを利用して、手すりの工事を行わないという場合もあります。
確かに、その方が安上がりで済む場合が多いとは思いますが、
個人的には、それ以外の移動の面も考えて住宅改修をお勧めしたいと思います。

肘掛けが跳ね上げ式になるものや固定しているものもありますので、
立ち上がった後の動作なども確認しながら、最適なものを選ぶ必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です