手すり「ステップバー」

まだまだベッドに抵抗があって、床で布団を敷いて寝たいという希望を持っている方も多いと思います。
特養などの施設では強制的にベッドになる場合が多かったりしますので、
これも在宅だからこそ実現できるライフスタイルのひとつかもしれません。

ただ、床から立ち上がるというのは膝への負担も大きく、転倒のリスクも非常に高いです。
たちあっぷやルーツなどの置き型手すりを利用する方も多いのですが、
握力が少ない人にはそれも難しいと思われます。

そこで、このステップバー。
手すりだけではなく、台がついているので、
そこに肘をついて体を起こし、立膝の姿勢になれば、立ち上がるのもかなり楽になります。

少し場所を取るかなという印象もありますが、
それでも安全な立ち上がり動作ができることを優先に考えたら、試してみるべきではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 7 =