和夢 彩のヘッドレスト機能

和夢 彩

高齢者の死因第三位として急増しているのが肺炎。
誤嚥性肺炎で亡くなる方は高齢になるほど多く、誤嚥性肺炎への対策は非常に大きな問題となっています。
特にベッド上で食事をとられる方は、首が後傾している状態で食事をとられる方が多く、
誤嚥リスクの高い姿勢での食事となっています。

そこで、その対策としてこの介護用ベッド「和夢 彩」では、ヘッドレスト機能を採用し、
ベッドの首の部分が30度前方に傾くことで、自然に首の位置が前に傾きます。
これにより、食事の気道への流入を防ぎ、誤嚥のリスクを軽減することが出来ます。

よくベッド上での食事のときに三角クッションを首にあてて召し上がられる方も多いと思いますが、
いちいちそれを用意することもなく、確実に首が前に出る姿勢を作ることができます。

ベッド上での食事をしている方で、誤嚥リスクに悩まれる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です