たんぱく質調整冷凍めん

たんぱく質の摂取や食塩の摂取を抑えたい人向けの食品です。

うどんは糖尿病の天敵とまで言われています。
うどんが県民食である香川県の糖尿病疾患率は全国でワースト1・2位を常に争っており、
腎臓病を併発する人も当然多く、タンパク質の制限も必要になります。
うどんが食べたい、という人にはたんぱく質調整食のうどんもあります。

食塩含有量も抑えています。
冷凍めんなので保存がきき、使いやすいのもうれしいですね。
夏場はどうしても食欲も落ちますので、やっぱりうどんが食べたくなりますよね。
疾患を持っていても、食事の選択肢が増えることはとても大事なことです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 13 =