ラクーネ2

ベッドから車いすへ乗り移るとき、もしくは車いすからベッドに移るとき、
一度立ち上がって方向転換をしておしりを下して座るという動作が必要になります。
ただ、ひざの痛みが強い方や、筋力の低下で立ち上がりに不安のある方、足にしびれがある方などにとってみれば、
この一連の動作には様々な危険が伴います。
そこで、この横乗り車いすラクーネを使うことをお勧めします。
立ち上がらないで、横乗りができる車いすです。

アームレストがトランスファーボードとなりますので、
ベッドの高さを車いすの高さに合わせたら、横滑りして車いすに移るだけ。
ボードが車いすに固定されているため、トランスファーボードよりも安定した移動ができます。

こういった動作の負担をできるだけ軽減することで、ベッドから離れる時間が増え、
結果的に自立支援や生活の質の向上につながっていきますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − six =