紅白やわらか福もち

毎年のことですが、
正月に餅をのどに詰まらせて窒息する事故が多発します。

正月に餅を食べるという日本の伝統や風習を大切にするということは大事なことですが、
東京都だけでも毎年正月に100人以上の方がもちをのどに詰まらせて救急搬送されています。
60歳以上がそのうちの90%を占めています。

詳しくは東京消防庁のホームページに情報が掲載されています

そういった情報も頭に入れた上で、注意して食べていただければと思います。

重要なポイントは、

  • 食べやすい大きさにする
  • すべりをよくする

この二つです。

まず、食べやすい大きさにするということですが、
包丁で切れないときは、
焼いた餅をハサミでカットしたりして、
食べやすい大きさにするよう心がけましょう。

次にすべりをよくするということですが、
食べる前に水分をしっかり取ることと、
餅を一回水にくぐらせてから食べるようにするとすべりがよくなります。

こんな方法を取りながら、事故の防止に努めていきましょう。

この紅白やわらか福もちは
歯で噛み切りやすいので、安心して食べることができます。
こういった商品を購入することも一つの手段ですので、検討してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =