ウイルスブロッカー

今回も感染症対策グッズです。

インフルエンザウイルスを予防するためにマスクをつける人も多いと思います。
けれど、息苦しかったり、口紅がついたり、子供なんかはマスク自体を嫌がったりすることも多く、
何%のウイルスをカットできる、っていわれても、実際のところ、外している時間も多くなってしまいます。

そこで、口に付けないマスクとして注目を集めているのが、ウイルスブロッカー。
これを身に付けることで、空気中の細菌やウイルスを寄せ付けなくしてくれるのです。
マスクというよりも、持ち運びできる空気清浄機のような感覚です。
ウイルスブロッカーからは二酸化塩素が排出され、
持続効果は約一ヵ月とされています。
医療機関や介護施設でも導入されています。

ただ、二酸化塩素ガスが人体に必ずしもいい影響をもたらすわけではなく、
眼や呼吸器系に刺激が強く、せきやぜんそくなどの反応を起こす危険性を持っています。
実際、自分も職場でこのウイルスブロッカーを使ってみましたが、
しばらく身に付けていると確かに、目がしばしばしてきたような印象です。

確かにウイルス対策に有効な手段かと思いますが、
もし、体に異常を感じることがあれば、すぐに使用を控えることをお勧めします。


One Reply to “ウイルスブロッカー”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =