テイコブ安全浴槽台マット付

ご存知の方も多いかと思いますが、
浴室内での転倒事故というのは発生頻度が高く、
入浴中は体を覆っているものがないこともあって重大な事故につながりやすいという統計があります。
そんな浴室内での転倒事故を防ぐための介護用品として、
滑り止めマットがあります。
ただ、この滑り止めマット、介護保険での購入の保険対象外となっており、
全額自費で購入しなければいけません。
安全を考えれば、必要なものですので、購入するのですが、
そんな滑り止めマットの購入を検討される方、ちょっと待って。
このテイコブ安全浴槽台 マット付 / YD02M-13は、
実は滑り止めマットがはじめからセットでついていて、それぞれ分けて使うこともできます。
それでいて、介護保険の購入対象商品になっています。
つまり、1割の自己負担で購入できる商品ということです。
なので、滑り止めマットだけを自費で購入するよりも、
浴槽台をセットで介護保険で購入したほうが実は安く買えるんですね。
滑り止めマットを購入する際、
浴槽のまたぎの高さや浴槽の深さなどが気になる方は、
セットで介護保険を利用して購入してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =