パルスオキシメーター「オキシヤング」

今や、血圧計は一家に一台が当然のようになりました。
高血圧などの慢性疾患を抱える方は非常に多くなっています。
血圧計のように、家庭で簡単にできる健康チェックの測定器は今後も普及していくことでしょう。

呼吸器系の慢性疾患を抱えている方は、当然これ。
パルスオキシメーターです。
これは血中の酸素飽和度を測定する機械。
肺に取り込まれた酸素は、心臓から血液に乗って全身を駆け巡ります。
この酸素が足りないと酸素欠乏(いわゆる酸欠)になります。
パルスオキシメーターは、血液の中に、どれだけ酸素が含まれているかを測定するものです。
呼吸による換気が上手にできていないと、この数値が低く表示されます。
肺がんやCOPD、肺気腫、気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患をお持ちの方は持っていた方がいいのではないでしょうか。

また、食事の飲み込みがあまり上手でない方に、
食前と食後で、パルスオキシメーターで測定した数値を比較してみて、
食後に低下している場合に、誤嚥をしているかどうかの判断をしたりするのにも役立ちます。

そんなパルスオキシメーターもずいぶん安くなりました。
家庭用とはいえ、1万円を切る安さで購入できるのも、それだけ家庭向けに需要が高くなり、
大量に生産されているからなんでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + 11 =