バンドエイド キズパワーパッド

先ほどのエントリーでイソジンを紹介しましたが、
「ラップ療法」の登場で、傷創処置も変わってきました。

ラップ療法は、
創部分に適度な湿潤環境を保ち、治癒させていくというものです。

一般的に、消毒して乾燥させることが一番、といわれてきた傷創処置。

消毒することによって、その創を治そうとする人体の働きをも殺してしまうため、
実際はその治癒を遅らせていたのです。
創のジュクジュクがその創を治癒させていたのです。

自分の働いている職場でも、取り入れはじめていますが、
医師によっては消毒ガーゼ、また別の医師はラップ療法・・・。
一貫性がないなぁ・・・。

詳しくは、
「新しい創傷治療 消毒とガーゼの撲滅を目指して」

をご覧ください。

で、バンドエイドからも発売。
お手ごろ価格で「ラップ療法」を実践できます。
お試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 6 =