カラリ床

ここ最近、高齢者の浴室の事故が多いことはかなり周知が広がってきていますが、
ただ、具体的な対策を何かしているかというとそうではないというのが現実です。

ただ、大掛かりな工事でユニットバスにすることも考えたけれど費用が・・・。
なんて方も多いのかもしれません。

今の時点で手すりなどが必要でない場合は、
まずはヒートショック対策と、段差解消・滑り止め。
これを考えてみてはいかがでしょうか。

ヒートショック防止についてはもう取り組まれている方も多いと思いますが、
浴室暖房であたためたり、脱衣場をあたためたりと、
浴室暖房装置がついてなくても小さな暖房機器を持ち込んでみてもいいと思います。

あとは段差解消と滑り止め。
これに関してはすのこを使ってみてはいかがでしょうか。
滑り止め加工がされていて、浴室内へ入る際の段差も少なくなります。
オーダーメイドで発注することも多いのですが、
既製品でうまくフィットする場合もあるので、まずは浴室の寸法などを図ってみるようにしましょう。

まずは関心を持つことから始めてみてはどうでしょうか。

浴室すのこは介護保険の特定福祉用具購入対象商品になりますので、
1割もしくは2割の自己負担で購入することができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 3 =