折り畳みシャワーチェア

シャワーチェアの大きな違いとして、折り畳みのできるものとそうでないものがあります。

シャワーチェアを使うのは浴室内のいわゆる洗い場と呼ばれるスペースです。
となると、当然のことながらおける場所が限られます。
シャワーチェアを置くのに、サイズなども検討が必要です。
折り畳みができないものだと、浴室からの出入りのスペースが確保できない場合もあります。

また、家族が入るときや、掃除をするとき、シャワーチェアは特に場所を取るので、邪魔になることがあります。
そこで、折り畳みができることで、スペースを有効に使うことができます。

また、折り畳むことで、持ち運びができるので、
脱衣場に運んでもらって、そこで体を拭いたり着替えたりするのに、シャワーチェアを使う人もいます。一台二役です。

ただ、折り畳みができるものは、価格が若干高くなることには注意が必要です。
あと、どっしりした安定感という点や、
病院や施設などで使って慣れているからと、固定型(折り畳みではないもの)を選ばれる方もいます。

自宅の浴室の環境を確認しながら選定することをお勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です