手すりにコレつけて

これはなかなかのアイデア商品ですね。
手すりの出発点と終点には基本的にはエンドキャップという金具・キャップがついていることが多いです。
これがあることで、ここから手すりがない、ということが手の感覚からもわかります。
ただ、それをつけていない手すり工事なんかしているところもたまに見かけます。
そんなときに、このアイテムをつけると、手すりのつかみ損ねなどもなくなります。

また、立ち上がりに力を入れやすい手すり部分のすぐ下に取り付けると、
これが力を入れる補助になりますので、手がすべらず、力を入れやすくなります。
グリップ形状でない手すりなんか滑りやすく力が入りにくいので、こんなものがあると便利ですね。

とても簡単な仕組みですが、使い勝手のいい商品だったので紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です