伝の心

これは、重度障害者意思伝達装置です。

ALSのように、判断力が保たれていながらも、運動失調などでしゃべることや自由に体を動かすことができない方もいらっしゃいます。
そういった場合に、利用するのが重度障害者用意思伝達装置です。
指先やまばたきなど、わずかな動きを感知して、スイッチとすることで、
それを音声化し、その人の意思を周囲に伝えることができる装置です。
それ以外にも、文章を残したり、メールやインターネットを利用することもできます。

この伝の心はALSの方には特によく利用されているもので、
パソコン初心者でも使いやすいと言われています。

通常に購入すると非常に高額ですが、
補装具として給付が受けられますので、窓口に相談してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です